デルマ侍の皮膚科専門医試験 解答徹底解説

専門医試験解答解説勉強対策絡みのこと全て包み隠さず

MENU

2012年平成24年度皮膚科専門医認定試験 備忘録

2012年平成24年度皮膚科専門医認定試験 備忘録 デルマ侍です。 2012年平成24年度皮膚科専門医認定試験 第20回目の皮膚科専門医試験になります。 2012年8月5日 (日曜日) 場所は都市センターホテル 専門医試験委員は岩月先生でした。 試験委員についてもこち…

2013年平成25年度皮膚科専門医認定試験 備忘録

デルマ侍です。 2013年平成25年度皮膚科専門医認定試験 学会の講評(特集)についての備忘録です。 2013年平成25年度皮膚科専門医認定試験 試験日程 2013年平成25年度 8月4日 2020年から試験日程はさまざまな要因で変更になっておりますが、 この頃は8月の第…

外用剤の混合について

デルマ侍です。 今日は外用剤の混合についてみていきます。 皮膚科医は外用剤をだすことが多いですよね。 しかしその組み合わせによっては、分離したりすることもあるようです。 デルマ MB Derma 314 :1-7,2021 大谷道輝先生の「基剤と剤形から考える外用剤…

病理プレゼンの仕方

デルマ侍です。 病理のプレゼンテーションの仕方について 皮膚病理をみて行く時、プレゼンテーションをするとき、 大まかな流れがあります。 簡単にお話していきます。 マクロ(弱拡大)からみる 特徴的な所見があるとき、そこに飛びついてしまいがちですが…

認める、施行した、という言葉を使わない

病理伝票の書き方、プレゼンについて。 まず文字、表現のお作法について。 「認める」を使わない 「認める」を使わない なかなか難しいのですが、このお作法、何人かの先生方がおっしゃっています。 病理伝票でも、病理のプレゼンでも、 × 3年前より背部に腫…

皮膚病理のあれこれ

デルマ侍です。 今日は皮膚病理について書いていきます。 病理依頼書の書き方について 病理診断をお願いするとき、 どのように書いていますか? いくつか書かないといけない点があります。 ①いつからか ②大きさ ③疑っている疾患 悪性を疑うのか ④切除の仕方 …

皮膚病理教科書のおすすめ 英語

デルマ侍です。 今日は 皮膚病理教科書のおすすめ 英語バージョン をやっていこうと思います。 英語の皮膚病理の本 英語の皮膚病理の本といったら リバー マッキー ウイードン この3つ。 古くからあって、伝統的なのはリバーです。(版をみてもおわかりかと…

試験勉強のコツ

デルマ侍です。 今日は試験勉強で、自分が思ってることについて、つらつらと。 試験勉強のコツ。 3つに絞ってみます。 ・初めに大雑把に全体像を把握 ・ひたすら、小さく、分けて、繰り返す ・長期戦で勉強 みていきます。 ・初めに大雑把に全体像を把握 ま…

皮膚科がかかわる診療報酬について 水疱症編

デルマ侍です。 今日もお読みいただき本当にありがとうございます。 診療報酬の勉強を続けていきます。 血液検査での診療報酬 水疱症を疑った時、一括で調べたい、 そんなこともあるでしょうか。 抗デスモグレイン1抗体、抗デスモグレイン3抗体、抗BP180-NC1…

自己注射製剤の指導管理料について

こんにちは。デルマ侍です。 今日もお読みいただき本当にありがとうございます。 今日はバイオ製剤の指導管理料 診療報酬について勉強します。 自己注射製剤 指導管理料 ここでいう自己注射製剤で皮膚科領域のものは、 バイオで自分で注射が可能 自己注射可…

診療報酬について

デルマ侍です。 皮膚科って、総合病院勤務の先生はお分かりかと思いますが、 他科受診のついで受診、多すぎませんか・・・ 内科のついで、整形外科のついでなどなど しかも処方を希望するのはヒルドイドソフト軟膏だけとか・・・ 正直うんざり。毎日。 つい…

保湿剤から塗るべきか、ステロイドから塗るべきか

こんにちは。 デルマ侍です。 新年になりました!今年もどうぞよろしくお願いします!! 年末いろいろばたばたしておりまして・・・ 2021年令和3年度の皮膚科専門医試験の解説集を作成したあと、ばたんきゅうしておりました。色々と更新が滞っており申し訳あ…

2021年皮膚科専門医試験

2021-1 皮膚科専門医試験解答 汗腺について正しいのはどれか。2 つ選べ。 l.エクリン汗腺は毛嚢に開口する。 2.アポクリン腺は掌蹠に分布する。 3.アポクリン腺は断頭分泌により発汗する。 4 エクリン腺による発汗はコリン作動性である。5.エクリン腺の発…

モイゼルト軟膏新発売

デルマ侍です。 今日は、モイゼルト軟膏について。 モイゼルト軟膏 モイゼルト軟膏 一般名:ジファラミスト 作用機序は ジファミラストはホスホジエステラーゼ(PDE)4の活性を阻害です。 名前もアプレミラスト(オテズラ)に似てますね。 (アラミストは点…

サブスペの指導医とは

デルマ侍です。 専門医試験や、専門医制度もろもろわかりにくいですよね。 もっと簡潔にしてほしいな〜 前回普通の指導医と難病指導医のお話しをしましたが、 実はもう一つ指導医があるので、ご説明します。 それは、 サブスペの指導医:悪性腫瘍、美容皮膚…

爪のトラブルで来院する患者さんがいたら

デルマ侍です。 今日は爪について。 過去にこのような記事も書きました。 dermasamurai.hateblo.jp 爪があたって痛い 爪があたって痛いんです、そんな主訴で患者さんが来院されること、ありますよね。 でもみてみると、巻き爪は軽度、陥入していないし、炎症…

難病指導医とは

デルマ侍です。 今日は難病指導医について。 以前皮膚科の指導医について、このような記事を書きました。 dermasamurai.hateblo.jp 難病指導医とは 難病指導医とはなんぞや。 難病といわれる、皮膚科でいえば、天疱瘡や膠原病の疾患について、 患者さんから…

2014年平成26年度皮膚科専門医認定試験 備忘録

2014年平成26年度皮膚科専門医認定試験 備忘録 デルマ侍です。 本記事の重要ポイントは、2014年の講評で、皮膚科専門医試験の出題方針が ・日本皮膚科学会雑誌の原著 ・セミナリウム ・JDに掲載された症例 ・診療ガイドライン ・講習会テキスト から出題と書…

2015年平成27年度皮膚科専門医認定試験 備忘録

デルマ侍です。 2015年平成27年度皮膚科専門医認定試験 備忘録です。 過去の専門医試験の情報も、今後の試験対策に役に立ちます。 2015年平成27年度皮膚科専門医認定試験 2015年の皮膚科専門医試験は、 2015年8月2日日曜日 場所は東京の都市センターホテルで…

JD論文あれこれ

デルマ侍です。 今日も引き続きJDについて。 以前この様な記事を書きました。 dermasamurai.hateblo.jp 2012年のJDA letterの記事を読んで。 JD(ジェイディー)のIF(アイエフ、インパクトファクター)の推移は 2004年 0.660 2005年 0.555 2006年 0.612 200…

2016年平成28年度皮膚科専門医認定試験 備忘録

デルマ侍です。 2016年平成28年度皮膚科専門医認定試験 備忘録です。 2016年平成28年度皮膚科専門医認定試験 2016年の皮膚科専門医試験は、 2016年8月7日日曜日 場所は東京の都市センターホテルでした。 合格率 受験生は226名 男性92名 女性134名 合格者は男…

皮膚筋炎の歴史、今はサブセット分類に

デルマ侍です。 皮膚筋炎は、抗体によるサブセット分類が話題です。 セミナリウム でも学会の講演でもよく聞くトピックスになっています。繰り返し勉強します。 抗体によるサブセット分類 一対一で覚えて試験にもでているのが ・抗ARS抗体 慢性間質性肺疾患…

2017年平成29年度の皮膚科専門医試験備忘録

デルマ侍です。 2017年平成29年度の皮膚科専門医試験の講評についての備忘録になります。 この様な記事も書いています。 dermasamurai.hateblo.jp 2017年平成29年度の皮膚科専門医試験 2017年の皮膚科専門医試験は 2017年8月6日日曜日でした。 開催場所は東…

ワセリンの違い

デルマ侍です。 こんにちは。 今日はワセリンについて。 ワセリンには、日本では2つ。 局方ワセリンと、サンホワイトがあります。 ワセリンの違い サンホワイトのほうが基本的に「高くて質が良く安定性も高い」です。 局方ワセリンには臭いがあり、元々の色…

2021年令和3年度の皮膚科専門医試験合格発表は1週間後!

デルマ侍です。 2021年11月7日、京都で皮膚科学会の専門医試験が実施されました。 受験生の皆さん、本当にお疲れ様でした。 試験結果はなんと、1週間後にみなさんの元に届きました・・・。 これは例年最速!です。 早すぎますね。 合格された先生方、本当に…

皮膚科で使う抗生剤

デルマ侍です。 以前抗生剤 特に内服について、 第一世代セフェム系が使いやすい、という記事を書きました。 dermasamurai.hateblo.jp 今日は蜂窩織炎などのケースでの抗生剤使用について書いて行きます。 なんとなく、で使うことも多いと思いますが、復習し…

JDのインパクトファクターとその歴史

デルマ侍です。 今日はJDについて。 JDA letterが面白かったので、記事にします。 以前こんな記事も書いています。 dermasamurai.hateblo.jp JDのインパクトファクター JDのインパクトファクターが4を超えました。 ついに、ついにですね。ちょっとずつあがっ…

Pork-cat syndrome とは

デルマ侍です。Pork-cat syndromeって知っていますか? Pork-cat syndrome Pork-cat syndrome 原因抗原は豚の血清アルブミン(Sus s)この豚のアルブミンと似た構造をもつ、ネコの血清アルブミン(Fel d 2)に経気道的に感作された後、交叉反応によって豚肉…

ステロイドの問題 2009年皮膚科専門医試験より

デルマ侍です。 今日もまた、ステロイドについて。 dermasamurai.hateblo.jp 過去にこのような記事を書きました。 皮膚科専門医試験の過去問で、このような問題も出題されています。 過去問 2009-57 ステロイド治療について正しいものはどれか。2つ選べ。 a…

皮膚の表在感染症の治療、予防には第一世代セファロスポリン系を使う

デルマ侍です。 今日は抗生剤について。 皮膚の表在感染症の治療、予防には第一世代セファロスポリン系を使う ケフレックス ケフラール などになります。 詳しくみていきます。 皮膚表在性感染症の抗生剤 皮膚の表在感染症の治療や、術後の感染予防で、 セフ…

Copyright ©デルマ侍の皮膚科専門医試験 解答徹底解説 All rights reserved.