デルマ侍の皮膚科専門医試験 解答徹底解説

専門医試験解答解説勉強対策絡みのこと全て包み隠さず

MENU

試験対策勉強ノート

抗真菌薬の添付文書を読む

デルマ侍です。 今日は抗真菌薬の添付文書を読み解く、について、です。 こんな過去問がでていました。 2012-22問題経口抗真菌薬について誤っているのはどれか。 1.テルビナフィン使用時には定期的な肝機能・血液検査が義務づけられている。 2.テルビナフ…

抗体製剤の名前の過去問

デルマ侍です。 過去に抗体製剤の名前の付け方について、このような記事を書きました。 dermasamurai.hateblo.jp この記事を読んだらどんな問題に対応できるか。 過去問 皮膚科専門医試験の過去問で、このような問題が出題されていました。 2013-79 もし「De…

one- day treatmentとは。ファムビルの過去問を交えて

デルマ侍です。 今日はファムビルの one- day treatmentについて 皮膚科専門医試験の過去問をみていきます。 過去問 皮膚科専門医試験の過去に出題された問題についてみていきます。 2020-23 再発性単純疱疹に対するファムビルⓇの one- day treatment につい…

皮膚科の勉強ツールその2

デルマ侍です。 皮膚科学を勉強するときに、インターネット上で使える、無料勉強ツールについて、まとめていきます。 以前こんな記事を書きました。 dermasamurai.hateblo.jp 前回の記事に追加して、他の勉強サイトについて、ご紹介してきます。 // デルマド…

感染症の出席停止について

感染症の出席停止の有無はいろいろと過去問がでています。 一番おおいひっかけは、手足口病が出席停止かどうか。 過去問をみていきます。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 2015-89 学校保健安全法における感染症の出席停止の期間につい…

VitD3製剤の違い

デルマ侍です。VitD3の外用薬製剤についてみていきます。 VitD3外用薬について 活性型ビタミンD3外用薬にはいくつか種類があります。 主に、ドボネックス、オキサロール、ボンアルファです。 ドボネックスとオキサロールはステロイドとの混合剤で、ドボベッ…

EAEとNEAE好酸球性血管浮腫

デルマ侍です。 EAE、NEAEについて。 // EAE好酸球性血管浮腫とは episodic angioedema with eosinophilia (episodic angioedema associated with eosinophilia) ・反復性 ・血液検査で好酸球増多 ・四肢の浮腫、紅斑、発熱、体重増加(体重の10%以上の増加…

慢性蕁麻疹の治療の進め方 ガイドラインより

デルマ侍です、 今日は慢性蕁麻疹の治療の進めかたについて、ガイドラインにそって。 ガイドラインは試験でもやっぱり大事になってきます・・・・。 // 慢性蕁麻疹とは 慢性蕁麻疹は、定義に「6週間以上」持続することがあげられています。 また原因などは不…

抗酸菌培養について

デルマ侍です。 今日は抗酸菌培養について。 // 抗酸菌培養を出すのはどんなとき? 皮膚抗酸菌感染症を疑う臨床像はさまざま。 膿瘍が瘻孔が多いですが、 結節や丘疹でも鑑別に考えます。 皮膚真菌症やリンパ腫でもいろんな臨床系を示すので、 よくわからな…

基底細胞癌の手術のマージンについて

デルマ侍です。 今日は基底細胞癌の手術でのマージンについて、ガイドラインと過去問を踏まえて復習していきます。 // 基底細胞癌とは basal cell carcinoma BCC 基底細胞癌 ガイドラインより「基底細胞癌は毛包間上皮や毛包の基底細胞を由来とする癌腫であ…

Wood灯検査

デルマ侍です。 今日はウッド灯について Wood灯検査 365nmの長波長の紫外線を病変部の皮膚に照射する皮膚疾患の診断法 Wood はアメリカ の物理学者(Robert W. Wood)の名である 365の数字はエキシマとかと並べて覚えておきます。 Wood灯 蛍光一覧 正常(表皮…

乾癬で使う生物学的製剤ルミセフ 真菌の副作用が多い

デルマ侍です。 今日は ルミセフについて。 ルミセフは真菌感染症の副作用が多いことで有名です。 試験対策としておさらいしていきます。 // ルミセフとは ブロダルマブ 剤形は210mgシリンジ ヒト型抗ヒトIL-17受容体Aモノクローナル抗体製剤 です。 適応疾…

抗ヒスタミン薬で増量(倍量)投与できるのはどれ?

デルマ侍です。 抗ヒスタミン薬(抗アレルギー薬)よく使いますが、 添付文書はどうなっているのか、 倍量投与が添付文書で書かれているのはどの薬なのか、について 抗ヒスタミン薬を添付文書の通常量で処方しているけど、 まだかゆいといわれる 蕁麻疹が出…

指定難病中條西村症候群 過去問あり

デルマ侍です。 中條-西村症候群とは? みていきます。 // 中條-西村症候群 指定難病の一つです。 指定難病について、こんな記事も書いています。 dermasamurai.hateblo.jp 中條-西村症候群とは 幼小児期に凍瘡様皮疹にて発症 結節性紅斑様皮疹や周期性発熱…

皮膚科医が知っておくHPVワクチン

デルマ侍です。 今日は皮膚科医の立場でHPVワクチンについて復習します。 尖圭コンジローマにもきくものもあるので、押さえておくべきです。 // サーバリックス、ガーダシル、シルガード 現在日本で使えるワクチンは3つあります。 HPVワクチン サーバリック…

妊婦・授乳婦に対する抗ヒスタミン薬

デルマ侍です。皮膚科専門医試験対策。 妊婦・授乳婦に対する抗ヒスタミン薬について。 ガイドラインではどのように書いてあるのか。 見ていきます。 妊婦・授乳婦に対する抗ヒスタミン薬 // 蕁麻疹診療ガイドライン 2018より 妊婦・授乳婦に対する薬物治療 …

バラシクロビルとヘルペス 添付文書と過去問

デルマ侍です。 今日は、 バラシクロビル について。 // バラシクロビル バラシクロビルには、単純ヘルペス「再発抑制」の適用があります。 バラシクロビルには、「性器ヘルペス」の「再発抑制」に限って、毎日1回500mg1日1回を飲み続ける。 これは口唇ヘル…

細網と名前がつく病気が混乱するのは自分だけ?

デルマ侍です。皮膚科専門医試験情報、対策の勉強をしています。 今日は、 融合性細網状乳頭症 と 多中心性細網組織球症 について。 // 融合性細網状乳頭症と多中心性細網組織球症 融合性細網状乳頭症と 多中心性細網組織球症 という病気があります。 多中心…

SCC 腫瘍のマージン 悪性腫瘍ガイドラインより

デルマ侍です。皮膚科でよくみる SCC 有棘細胞癌 Squamous‌ cell‌ carcinomaについて。 // SCC 有棘細胞癌 マージン SCC 有棘細胞癌 Squamous‌ cell‌ carcinoma 手術でとるときのマージンはどのくらい必要なんでしょうか? 専門医試験対策として 試験対策と…

帯状疱疹後神経痛について過去問を交えて

デルマ侍です。 帯状疱疹について // 帯状疱疹の発症機序 初感染後、神経節に潜む ↓ なんらかの原因で再活性化すると、神経軸索、シュワン細胞に沿って、組織を障害しながら下降していく ↓ (ここでも、年齢などにより、特に細胞性免疫が低下した場合に発症…

帯状疱疹関連痛 ZAP 皮膚科専門医試験過去問検討

デルマ侍です。 おなじみ帯状疱疹について。 // 帯状疱疹関連痛zoster-associated pain:ZAP 帯状疱疹の痛みは初期と後期で違ってくる 一連の痛みをまとめて帯状疱疹関連痛zoster-associated pain:ZAP という。 よく皮膚科で耳にするワードの帯状疱疹後神経痛…

厚生労働省のホームページから勉強

デルマ侍です。 厚生労働省のHP内で、皮膚科専門医試験に有用そうな情報について共有します。 優先順位は低いものも混ざりますので、直前にはおすすめしませんが、 確からしい情報、基本的な最新情報が多いので、読む価値はあるかと思います。 // 副作用の疾…

皮膚科専門医試験対策 行政関連のキーワードをチェック

デルマ侍です。 8月は、従来であれば、皮膚科専門医直前ですね!!第一日曜日あたりに行われることが多かったです。 皮膚科専門医試験2021年令和3年度は11月に京都で行われることが決定しています。 皮膚科専門医試験のスケジュールについてはこちら。 note.…

家族性寒冷蕁麻疹や遺伝性自己炎症疾患とは

デルマ侍です。 家族性寒冷蕁麻疹や遺伝性自己炎症疾患とはなにか。 過去問ではでているのか。 みていきましょう。 // 2019-22 問題22. 家族性寒冷蕁麻疹,Muckle-Wells 症候群, CINCA 症候群に共通する原因遺伝子はどれか. 1.IL36RN 2.LPAR6 3.NF1 4.NLRP3…

皮膚科専門医試験の勉強法 まとめ版

デルマ侍です。皮膚科専門医試験にむけての勉強について。 まずは過去問から! // 皮膚科専門医試験のお勉強 今年 2021年令和3年11月の皮膚科専門医試験 受験予定の皮膚科専攻医のあなたへ。 勉強の仕方についておすすめを書きます。 まず過去問を3-4年やる …

指定難病のコケイン症候群

デルマ侍です。 今日も元気に皮膚科専門医試験の勉強。 指定難病のコケイン症候群について コカインみたい・・・・ // コケイン症候群 Cockayne syndrome:CS 紫外線性DNA損傷の修復システム(ヌクレオチド除去修復)ができないことにより発症する常染色体劣…

指定難病のCFC症候群とは

デルマ侍です。 以前、指定難病のお話をしました。 皮膚科に関わる疾患でどれが指定難病なのか、はさらっておきます。 今日はCFC症候群について。 // Cardio-Facio-Cutaneous症候群 CFC症候群 Cardio-Facio-Cutaneous症候群 心臓・顔・皮膚症候群なんて名前…

PPDAパラフェニレンジアミンでかぶれたら

こんにちは。今日も皮膚科の勉強をしていきます。 PPDAってなに? デルマ侍です。今日はPPDAについて。 // パラフェニレンジアミン PPDA PPDともいいます。 ヘアカラーに含まれるジアミン染料のことです。 パラフェニレンジアミンの日本でのJBS(JSA)パッチテ…

帯状疱疹ワクチン

デルマ侍です。 ここ最近、日本でも、帯状疱疹の予防に対して、ワクチン接種ができるようになりました。 それに伴い、皮膚科専門医試験でも出題がありましたので、解説します。 // 2019-35 2019-35 帯状疱疹ワクチン(乾燥弱毒生ワクチン,岡株)について正し…

皮膚科のカルテ略語

デルマ侍です。 今日は皮膚科のカルテでよく登場する略語について解説します。 皮膚科をポリクリで回る学生さん、初期研修医、皮膚科なりたての学年が若い専攻医の先生、皮膚科を担当される看護師さんむけです。 それではいきましょう。 // 病気の名前 AD ア…

Copyright ©デルマ侍の皮膚科専門医試験 解答徹底解説 All rights reserved.