デルマ侍の皮膚科専門医試験 解答徹底解説

専門医試験解答解説勉強対策絡みのこと全て包み隠さず

MENU

新型コロナワクチン ワクチン接種前にアレルギーの予測ができるか

f:id:DermaSamurai:20210413160943p:plain

患者さんにこんなふうに質問されることはありますか?

「先生、私はコロナワクチンの予防接種を受けても大丈夫なんでしょうか?」

 

そんなふうに聞かれることも増えてきたんじゃないでしょうか。

 

正直やってみないとわからない、と思いますが、

もう少し掘り下げてみます。

 

患者の既往歴の確認

特に原因が特定されていないものがないか、ですよね。

コロナワクチンのアレルギーに関しては、

添加物のPEGによるものである可能性がもっとも考えられています。

 

ファイザー(コミナティ)とモデルナ社のワクチンにはPEG2000使用されているます。

また、アストラゼネカ社のワクチンには、ポリソルベート80が添加されています。

 

note.com

 

アナフィラキシーがあっても、たとえば、えび、とか蜂、など

原因がわかっていれば問題なし。

コミナティをはじめとしたmRNAワクチンとの交差も言われていません。

そのため、アレルギー反応、接触皮膚炎、アナフィラキシーなどがないか確認し、

なかでも原因がわかっているかどうか。

接触皮膚炎をきたしたことがある化粧品の中にPEGが含有されていたら、

メーカーに取り寄せて成分パッチをすることを検討 してもいいかもしれません。

PEG単体での成分は鳥居などでは販売されていないと思いますし、

成分取り寄せのパッチが現状でしょうか。

 

PEGに関する特異的IgEはまだ検査ができません。

 

海外での患者のアレルギー歴 

コロナワクチン接種時アナフィラキシー

 

コロナワクチン接種でアナフィラキシーを起こしたひとは、

過去にどのような薬剤でアナフィラキシーを起こしたか、

というと

狂犬病、インフルエンザA[H1N1]、季節性インフルエンザやその他のワクチン、造影剤(ガドリニウム系、ヨウ素系、不特定静注)、輸液製剤、サルファ剤、ペニシリンプロクロルペラジン、ラテックス、クルミ、木の実、クラゲ、など、

と報告されています。

多種多様です。

 

Shimabukuro TT, et al: JAMA. Published online February 12, 2021.

note.com

 

事前に予測することは難しい

 

PEGのIgEでもあれば血液検査ですこし予測できるかもしれませんが、あっても確実でないし、まして、ない。

現状ではやってみないとわからないとしか言い切れないですが、知識を持った上でのぞめば

より対応しやすいかと思います。

 

接種が始まっている、ファイザー社のコミナティの成分について、こちらにまとめています。

note.com

 

コロナワクチン後のアレルギーに対して投薬する抗ヒスタミン剤は、PEGが含まれておらず、服用時間に制限がないルパフィンがおすすめです。理由についてまとめました。

dermasamurai.hateblo.jp

 

接種時の予防対応、準備についてはこちら

dermasamurai.hateblo.jp