デルマ侍の皮膚科専門医試験 解答徹底解説

専門医試験解答解説勉強対策絡みのこと全て包み隠さず

MENU

猫ひっかき病

f:id:DermaSamurai:20210510175803p:plain

デルマ侍です。今日は救急外来や一般診療の外来でみることがあるかもしれない、

猫ひっかき病 について書いていきます。

 

 

猫ひっかき病

ねこひっかき病 猫 ネコ

cat-scratch disease,cat-scratch fever

 

グラム陰性桿菌Bartonella henselae 感染症

若年者に好発する.

ネコに咬まれる,舐められる,引っかかれる,あるいはノミによる媒介で感染する.

特に子猫がリスク高

 

臨床経過

数日〜 2 週間の潜伏期

感染部位に直径 3 〜 5 mm の紅色丘疹や小水疱が出現

1 〜 3 週後には所属リンパ節が有痛性に腫脹し、ときに膿瘍化

発熱や頭痛などの全身症状を伴う場合がある.

 

合併症

まれ。

3%以下に中枢神経(脳症、脊髄炎) 肝肉芽腫、眼症状

 

 

治療

自然に治ることも多い

数週〜数か月で自然治癒

遷延する場合はセフェム系やテ トラサイクリン系,マクロライド系などの抗菌薬を内服する.

治療例:

アジスロマイシン(ジスロマック) 5日間

初日500mg/日、分1

2日目〜4日目 250mg/日分1

 

猫咬傷とは別

猫ひっかきと猫咬傷は別です。

起因菌もわけて覚える。

 

 

dermasamurai.hateblo.jp

 

 

動物シリーズ

note.com

 

2020年令和2年度皮膚科専門医試験解説を公開中

 

note.com

 

Copyright ©デルマ侍の皮膚科専門医試験 解答徹底解説 All rights reserved.