デルマ侍の皮膚科専門医試験 解答徹底解説

専門医試験解答解説勉強対策絡みのこと全て包み隠さず

MENU

ざ瘡とアンドロゲン、利尿剤のまとめ

ざ瘡とアンドロゲン、利尿剤のまとめ

 

f:id:DermaSamurai:20210304123141j:image

 

・アンドロゲン過剰ではざ瘡が悪化する

・アンドロゲンの中でも特にジヒドロテストステロン(DHT)が皮脂の中のトリグリセリドの産生を促す

・過剰な皮脂がざ瘡を形成させる要因となる

・トリグリセリドはアクネ菌(Propionibacterium acnes )の餌となる

 

・抗アンドロゲン療法については、スピロノラクトンが広く使用されている。保険外治療、自費

・10歳以下でも使用可能

・若年者では低用量から徐々に増量

 

・治療開始前にホルモンを血液検査で確認

・女性の難治ざ瘡症例に

・男性は女性化乳房の副作用

・一日量 通常初回200mg 分4 (1回50mg 1日4回)で開始、分2でもよい

(海外では、最大400mg/日)

・水分摂取を励行

 

・不正出血、乳房腫脹、めまい、そうよう、蕁麻疹様皮疹などの副作用の確認

・内服中は避妊

 

・内服開始2週間で効果現れる

 

引用文献

皮膚科臨床医 アセット8 変貌するざ瘡マネージメント 中山書店 初版より

 

f:id:DermaSamurai:20210304123228p:image