デルマ侍の皮膚科専門医試験 解答徹底解説

専門医試験解答解説勉強対策絡みのこと全て包み隠さず

MENU

試験対策勉強ノート

サイトカイン、インターロイキン のまとめメモ

サイトカイン、 インターロイキン JAKのまとめメモです。 細かいところは抜かしていてざっくりですので 免疫応答型 1型 Th1 ILC1 IFNγ IL-12 2型 Th2 ILC2 IL-4 IL-5 IL-13 3型 Th17 ILC3 IL-17 IL-22 IL-23 IL-4 デュビクセント IL-5 好酸球 ヌーカラ、メモ…

タリージェとリリカ 帯状疱疹の神経痛

ご無沙汰しております。 デルマ侍です。 更新が途絶えていてすみません。 それなのに、毎日みてくださる方が結構いて。ありがとうございます。答えみてくださっているのかな。 言い訳をしますと ここ最近ずっとMAX忙しく・・・ 仕事を言い訳にしたら終わりで…

2011年平成23年度皮膚科専門医認定試験 備忘録

2011年平成23年度皮膚科専門医認定試験 備忘録 デルマ侍です。 2011年平成23年度皮膚科専門医認定試験 2011年の皮膚科専門医試験は19回目でした。 日程は2011年8月7日。日曜日 場所は都市センターホテル 同年の皮膚科専門医試験の過去問解説はこちらから。 n…

2012年平成24年度皮膚科専門医認定試験 備忘録

2012年平成24年度皮膚科専門医認定試験 備忘録 デルマ侍です。 2012年平成24年度皮膚科専門医認定試験 第20回目の皮膚科専門医試験になります。 2012年8月5日 (日曜日) 場所は都市センターホテル 専門医試験委員は岩月先生でした。 試験委員についてもこち…

2013年平成25年度皮膚科専門医認定試験 備忘録

デルマ侍です。 2013年平成25年度皮膚科専門医認定試験 学会の講評(特集)についての備忘録です。 2013年平成25年度皮膚科専門医認定試験 試験日程 2013年平成25年度 8月4日 2020年から試験日程はさまざまな要因で変更になっておりますが、 この頃は8月の第…

モイゼルト軟膏新発売

デルマ侍です。 今日は、モイゼルト軟膏について。 モイゼルト軟膏 モイゼルト軟膏 一般名:ジファラミスト 作用機序は ジファミラストはホスホジエステラーゼ(PDE)4の活性を阻害です。 名前もアプレミラスト(オテズラ)に似てますね。 (アラミストは点…

皮膚筋炎の歴史、今はサブセット分類に

デルマ侍です。 皮膚筋炎は、抗体によるサブセット分類が話題です。 セミナリウム でも学会の講演でもよく聞くトピックスになっています。繰り返し勉強します。 抗体によるサブセット分類 一対一で覚えて試験にもでているのが ・抗ARS抗体 慢性間質性肺疾患…

Pork-cat syndrome とは

デルマ侍です。Pork-cat syndromeって知っていますか? Pork-cat syndrome Pork-cat syndrome 原因抗原は豚の血清アルブミン(Sus s)この豚のアルブミンと似た構造をもつ、ネコの血清アルブミン(Fel d 2)に経気道的に感作された後、交叉反応によって豚肉…

ステロイドの問題 2009年皮膚科専門医試験より

デルマ侍です。 今日もまた、ステロイドについて。 dermasamurai.hateblo.jp 過去にこのような記事を書きました。 皮膚科専門医試験の過去問で、このような問題も出題されています。 過去問 2009-57 ステロイド治療について正しいものはどれか。2つ選べ。 a…

食物依存性運動誘発アナフィラキシー FDEIAとω-5グリアジン

食物依存性運動誘発アナフィラキシー(food-dependent exercise-induced anaphylaxis) FDEIAについて。 勉強していきます。 以前このような記事も書きました。 dermasamurai.hateblo.jp 食物依存性運動誘発アナフィラキシーとは 食物依存性運動誘発アナフィ…

多形皮膚萎縮の過去問解説 皮膚科専門医試験

デルマ侍です。 多形皮膚萎縮の過去問について、今一度みていきます。 以前こんな記事を書きました。 dermasamurai.hateblo.jp 過去問 皮膚科専門医試験で過去に出題された過去問をみていきます。 2019-51 問題 シェーグレン症候群において認められる頻度が…

学校感染症の出席停止期間について 皮膚科専門医試験対策

デルマ侍です。 今日は、学校感染症の出席停止期間について。 皮膚科専門医試験対策にからめてみていきます。 学校保健安全法施行規則 学校保健安全法施行規則のなかで皮膚科が特に絡んでくるのは、第二種です。 第二種 風疹 発疹が消失するまで 水痘 すべて…

皮膚科領域の腫瘍の融合遺伝子

デルマ侍です。 今日は融合遺伝子について、 まとめです。 融合遺伝子については、過去問で出題があります。 融合遺伝子 試験にでたのは、血管肉腫の融合遺伝子で、こちらは熊本大のグループが発見しました。 「熊 本大学生命科学研究部・皮膚病態治療再建学…

学校感染症の過去問 とびひ、アタマジラミの出席停止は?皮膚科専門医試験対策

デルマ侍です。 学校感染症について 皮膚科専門医試験の過去問から勉強していきます。 過去問 皮膚科専門医試験の過去問を見ていきます。 2014-85 学校感染症の中で、皮膚症状が出ている間の出席停止が規則で定められている疾患はどれか。 1.手足口病 2.伝染…

専門医試験制度の過去問について

デルマ侍です。 皮膚科専門医試験では、皮膚科に関する知識を問う問題の他にも、 専門医制度そのものを問う問題もでています。 過去問 皮膚科専門医試験で過去に出題された問題をみてみます。 2018年度の問題です。 2018-89 平成 30 年度から開始された皮膚…

皮膚科専門医の指導医とは。

デルマ侍です。 勉強とは関係がないものの、 専門医制度の仕組みも試験にでたりするので。 確認していきます。 皮膚科専門医のその次 そもそも皮膚科専門医をとって、 そのつぎは更新をしていくのですが、その更新の基本的な基準として 専門医資格を更新でき…

爪と皮膚科専門医試験

デルマ侍です。今日はセレン欠乏と爪について。 セレン欠乏 セレン欠乏と爪について。 セレンは必須微量元素です。 体内で合成されないため、長期経腸栄養で欠乏症が生じることがあります。 セレン欠乏により、爪の白色化が認められます。(過去問あり) 爪…

膿疱性乾癬と皮膚科専門医試験

膿疱性乾癬に関して。 特にカルシウムの部分が気になったので、ガイドラインをみてみました。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 過去問 2017-19 汎発性膿疱性乾癬に関する皮膚科専門医試験の過去問をみてみます。 汎発性膿疱性乾癬でみら…

皮膚科専門医試験にでる、感染症法の届出

感染症法の届出について。 過去問をみてみます。 感染症がらみは意外と過去問がでています。 本題からずれますが、こんな問題もでていました。 dermasamurai.hateblo.jp 皮膚科専門医試験にこれまで出題された、 届出に関する問題をみていきましょう。 (adsb…

神経線維腫症、カフェ・オ・レ斑の皮膚科専門医試験過去問

デルマ侍です。 神経線維腫症、カフェ・オ・レ斑の皮膚科専門医試験過去問についてみていきます。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 過去問 皮膚科専門医試験の過去問をみていきます。 2016-68. 27 歳の男性.孤発性の神経線維腫症 1 型…

神経線維腫症1型とカフェオレ斑と。皮膚科専門医試験対策

デルマ侍です。今日は 神経線維腫症1型 カフェオレ斑についてみていきます。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); カフェオレ斑のコンサル カフェオレ斑ですか?と小児科から依頼がきた…

ステロイド骨粗鬆症と皮膚科専門医試験

デルマ侍です。 骨粗鬆症、ステロイド大量投与する皮膚科医は、内科・整形外科医でないにしても、関わってしまいます。 皮膚科専門医試験の過去問でこんな問題がありました。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 過去問 皮膚科専門医試験の…

掌蹠膿疱症と異汗性湿疹

デルマ侍です。 掌蹠膿疱症と異汗性湿疹について。 臨床皮膚科の増刊号 トピックス2021 「掌蹠膿疱症と異汗性湿疹(汗疱)との病理組織学的な相違」 異汗性湿疹の病理の問題は皮膚科専門医試験の過去問に出ていました。細かいところですがとても勉強になります…

クロルヘキシジン消毒剤について〜皮膚科専門医試験対策〜

デルマ侍です。 今日はクロルヘキシジンについて。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); クロルヘキシジンと接触皮膚炎について クロルヘキシジンは、接触皮膚炎をきたしやすい疾患としてガイドラインでもあげられています。 接触皮膚炎診療…

DIHS薬剤過敏性症候群 アップデート

デルマ侍です。 今日はDIHS ディース について。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); DIHSとは DIHSとは 薬剤過敏症症候群のこと。 DiHS/DRESS と表記することもあります。 皮疹,発熱,リンパ節腫脹,肝障害に加え経過中に様々な臓器に病…

ヘルペスの過去問〜皮膚科専門医試験対策〜

デルマ侍です。 今日はヘルペスウイルス属について。 皮膚科専門医試験の過去問をみていきます。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 過去問 皮膚科専門医試験 過去問 2018-22 ヒトヘルペスウイルス(HHV)と関連する疾患で,正しい組み合…

色素性痒疹について

デルマ侍です。 色素性痒疹について。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 色素性痒疹 色素性痒疹prurigo pigmentosa (長島) 女性に多い 胸部、背部などの体幹などに、掻痒の強い紅斑を生じ、網目状の特徴的な色素沈着を残す。 糖尿病の合…

母斑とは

デルマ侍です。 母斑というと、 ほくろ(色素性母斑)や、あざ、母斑症というようなイメージが錯綜すると思いますが、 もう少し細かく見ていきます。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 母斑とは 母斑nevus 色調や形態の異常を主体とする…

毛髪の写真と皮膚科専門医試験

デルマ侍です。 毛髪の臨床写真の一髪クイズが過去問で時々でますが、 なかなか・・・。 写真を今一度確認。 引用先を載せておりますので、一読してもいいかもしれません。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 陥入性裂毛 陥入性裂毛 日皮…

ベキサロテン 副作用

皮膚科専門医試験対策 デルマ侍です。 今日はベキサロテンについて。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 過去問 皮膚科専門医試験でも過去問が出題されていました。 2020-65 皮膚 T 細胞性リンパ腫に対する治療薬ベキサロテンの副作用の中…

Copyright ©デルマ侍の皮膚科専門医試験 解答徹底解説 All rights reserved.